滋賀県の漢方相談薬局

〒520-2153 大津市一里山2-14-13 一里山ユーベルハイム2F

Archive for the ‘頭痛’ Category

漢方の風音 11号 片頭痛・月経痛・便秘(五積散の使い方)

2019-01-24

漢方塾…片頭痛・月経痛・便秘(五積散の使い方)

なかがわ漢方堂薬局 中川義雄


先日、長年行きたかった壱岐の島に行ってきた。中学の「地理」で勉強した時に何故か行ってみたいと思った所が2か所あって1つが北海道の然別湖で、あと1つが壱岐の島であった。然別湖は過去に二度行きましたが壱岐の島は今回が初めてで長年の夢が叶いました。博多からジェット船に乗り1時間強で渡島出来ます。日本の3大遺跡の1つである原(はる)の辻遺跡(3大遺跡※1:登呂遺跡、吉野ケ里遺跡、原の辻遺跡)があって、弥生時代にこの小さな島に大陸文化が渡って来て交易が始まりとても栄えた事は驚きであった。因みに魏志倭人伝に壱岐国(一支国:いきこく)の記述があります。


島には戦時中に作られた巨大砲台あとがあり、又、島の近くの沖合に自衛隊の護衛艦らしき艦船が2隻停泊しており本土を守る前線に近い場所である事を思い知りました。
執権北条時宗の鎌倉時代に日本の征服を試みた元のフビライハンは先ず大陸に近い対馬で残虐な殺戮を繰り返し、次いで壱岐の島でも同様に殺戮を行い、九州上陸を果たそうとしました。所謂、蒙古襲来(元寇)である。
つまり対馬、壱岐は大陸から日本本土への中継地点でその昔大陸文化が壱岐の国にやって来て交易が盛んになり栄えた事は十分想像できる。因みに対馬と九州の中間地点に壱岐の島があります。
旅の途中私の専門の漢方医学はこの壱岐の国の繁栄があったにも拘らず何の説明も文書も耳にも目にもしなかったのは、卑弥呼の邪馬台国の時代の医学は「巫医」※2(ふい)であったからであろう。卑弥呼そのものが巫医を行っていたとされる時代であり、漢方医学が無かった事は想像できる。
我が国で、漢方医学が初めて登場したのは平安時代に中国の宋・金元医学を学んだ丹波康頼が著した医心方が始まりで、それ以前の弥生時代の壱岐国(一支国)では存在していなかったのは当然であろう。
中国の張機(字名を張仲景と言う)が著した最古の医学書「傷寒論」は後漢(AD25~220年)の時代で日本では弥生時代後期に相当し魏志倭人伝(AD290年頃)に記載されている邪馬台国・卑弥呼(AD240年頃没)の時代である。壱岐国(一支国)の原の辻遺跡はBC300年~AD300年頃迄とされており大陸と交易が有ったとしても漢方医学は伝来していなかったのは当然であろう。


端を更め、今回は今まで漢方塾で出て来なかった五積散の使用経験を書いて見たいと思います。(五積散:当薬局ではエキス剤ではなく原末散剤を使用しています)


片頭痛でお困りのAさんは元来冷え症で、冷えが強くなるとのぼせも同時に起こって来る。同時に前後にやって来る月経は激痛を伴い、耐えがたいと言う。肩凝り、鳩尾の痞え、耳鳴り、眩暈、動悸、微熱もあって訴えを聞いている私も同情を禁じ得ません。


五積散は“気血痰寒食“による積聚(つまり五積)を取るとされている。構成生薬は当帰、芍薬、川芎、白朮、茯苓、厚朴、陳皮、半夏、白芷、枳殻、桔梗、乾姜、桂枝、麻黄、甘草、大棗で構成されており、桂枝湯、麻黄湯、半夏厚朴湯、苓桂朮甘湯、苓姜朮甘湯、二陳湯、平胃散、四物湯の方意を含んでいる。


そこでAさんには五積散に呉茱萸、延胡索を併服して頂き、頓服に呉茱萸湯を服用して頂いております。


Bさんはやはり頭痛、胃痛、胸やけ、悪心、強い月経痛、疲れやすい、お腹が張る(腹満)、痺れ、冷え性でお困りです。この女性にも五積散に呉茱萸、延胡索、時に香附子を兼用して頂いた所、具合が良く長期に服用して頂いております。


Cさんは赤ら顔で冷え性、便秘でお困りの年配の女性で五積散と麻子仁丸を兼用して長期に亘って服用頂きました。服用後体調が良く排便もスムーズでとても喜んで戴きましたが高年齢で残念ながらお亡くなりになりました。この女性は痩せ型で冷え性にも拘わらず何れかの薬局で三黄瀉心湯(大黄が入っている)の錠剤を進められて長く服用されておられました。三黄瀉心湯は冷やす作用が強い為、当然この女性は排便は出来るものの快便にはならず結果的には更なる便秘体質を生じる事になる。
他には腰痛、冷えを伴う婦人病に良く使って居ります。


※1登呂遺跡、吉野ケ里遺跡、長野県の平出(ひらいで)遺跡を3大遺跡と称する事もある
※2《「ぶい」とも》巫女 (みこ) と医者。また、両者の役割を兼ねた者。

33号 漢方の風 ー人体は自然界・宇宙と同じ (めまい、のぼせ、頭痛、肩こりの発症の気機)

2013-07-21

富士山はいつ噴火してもおかしくないとある地質学者がテレビ番組で仰っておられました。

若し噴火すれば東京都までもが影響を受けて(火山灰の悪影響で都市機能がマヒし、政治、経済が大混乱に陥るとのこと)、数兆円の被害が発生するそうです。

私が住んでいる滋賀県は東南海地震が近い将来起こると多くの地震学者が言っておられ、津波の被害は無いものの震度5ないし6の揺れが来るそうです。

原稿を書いている(5月14日)この数十日間の間に淡路島初め3回のマグニチュード5以上の地震が日本列島を襲っている。これらの3回の地震に関して、地震予知の観点から興味深い事をテレビで言っておられました。

2年前の東北の大地震の際も一日前は、勿論の事、数時間前、更に数十分前にはマイナスイオン電子が東北の上空にどんどん集まっており、異常なマイナスイオンが固まりとなって表示されておりました。

東北沖の震源地では、北アメリカプレートの下に太平洋プレートが潜り込みプレートに巨大な圧力がかかると電位差を生じ(岩石に圧力を加えると電位差を生じる実験データが有る)、エネルギー乃ち電気エネルギーが発生し、その結果そのプレートの上部の海底の地表部(日本海溝付近)にプラスイオンが集まる。その結果、プラスイオンに引き寄せられる様にその上空にマイナスイオンが集まって来て、マイナスイオンの固まりが出来る。そこへ宇宙から(主に太陽からか?)やって来た電磁波がマイナスイオンにぶつかる。そのぶつかったエネルギーを観察するとマイナスイオンの固まりを映像として捉える事が出来る。番組では東北のあの巨大地震の際のその映像を時系列でテレビに映し出していた。

学者はプレートのせめぎあいの結果、震源地の上空にマイナスイオンが集まり、それに電磁波がぶつかり生じる現象の事を“擾乱”(じょうらん)と言っておられました。

漢方用語に“上擾”(じょうじょう、上部を擾乱の意)と言う言葉が有りますが、「地表と上空」は人体における「下部(体部)と頭部」と同じで、地震の前兆は、人体の下部のトラブルが頭部を撹乱しその結果発生する頭痛、肩こり、眩暈、不眠、イライラ、ニキビ等の一連の症状と同じである事が分かります。

巨大プレートの鬩ぎあいに対して人類はどうすることも出来ませんが、人体の下部(体部)のトラブルは漢方薬で解消することが出来ます。

人体の上部の症状とは、乃ち、上出の頭痛、眩暈、イライラ、不眠等であり、下部の症状とは悪心、口苦、口の粘り、胃重、舌苔が黄膩、胸脇部がはって苦しい、食欲不振等である。これら痰濁上擾、痰熱上擾には、半夏白朮天麻湯、温胆湯が効果を発揮します。

半夏白朮天麻湯は、元々胃腸虚弱で胃内停水があり、その上、風邪に感染したり、重い精神負担がかかったりすることに因って胃内の水毒が上逆し、それが元で頭部を擾乱し、頭痛、眩暈を惹き起こす…その様な状態のときに使用します。その眩暈はぐるぐる回転性だったり、天地がひっくり返る様だったり、地に足がつかない浮遊感だったりと様々です。

 

話は変わりますが、昨今の電気料金の高騰は生活に工業に影響を与えています。

原子力発電に期待出来ない昨今、火力発電に重きを置いている現状では為替レート、天然ガス、重油等で電気料金が左右される。地震帯に日本列島が位置しており地震からは逃れようがありませんがその分地熱はたっぷり有ります。

八丈島が地熱発電で島内の電気を賄っている様に地熱発電の効率を高め、又、風力発電、更には最近脚光を浴びている炭酸ガス及びPM2.5の発生を最大限抑えた安価な石炭による火力発電等を行えば技術力で日本は更に安価なエネルギーを手にすることが出来ます。

その為の最も重要な施策は発送電分離の法整備を行なうことであろう。

(大津市薬会報 2013年7月号掲載)

ページ最上部へ

Copyright© 2013 なかがわ漢方堂薬局 All Rights Reserved.