アトピー性皮膚炎・滋賀県・漢方薬 | なかがわ漢方堂薬局

〒520-2153 大津市一里山2-14-13 一里山ユーベルハイム2F

あなたの病気を漢方で治します。なかがわ漢方堂

漢方の「なかがわ漢方堂薬局」は、滋賀県大津市にて東洋医学の専門知識を生かし個人個人の体質を見極め、適格な漢方処方薬(せんじ薬、丸薬、散薬、顆粒剤)を販売致しております。

また科学的根拠に基づいた現代社会の食生活の足りない所を補う代替医療に関わる健康食品も扱っております。

さらにアトピー性皮膚炎、日光過敏症等の方にも対応出来る、ACS処方に基づいたアクセーヌ化粧品も扱っており、これには専門的知識を身につけた女性薬剤師がご相談に応じております。

漢方塾最新記事

漢方塾・・・月経痛(月経困難症を含む)・下肢静脈瘤・冷え性 ・不妊・更年期障害・etc

なかがわ漢方堂薬局 中川義雄

掲題の月経痛の漢方治療はいくつかの処方が有りますがその中のどの処方を使うかはその方の体全体の体質を問診や舌診を通じて把握し、更にその方の来し方と現在の経緯と現況をも勘案して処方を決めるのである。
場合によってはお住いの環境やご両親の体質(病歴等)をも処方選びの参考にすることが有ります。

30年ほど前は冷え症を中心に処方を考えたものですが時代の流れと共に最近は冷えは勿論の事ですがやはりストレスの有無とその強さを念頭にいれて問診しなければなりません。
ストレスの強弱は第三者的に判断する必要が有ります。 

漢方医学では気(き)・血(けつ)・水(すい)を弁証するのですが、気は体内を縦横に流れているのですが、その流れが滞ると張り感や痛みが発症します。
よくバストが張るとかお腹が張ると訴えられますがこれが気滞です。気の流れが滞ると血も流れが悪くなります。
これを気滞血瘀と言います。血液の流れが悪くなると当然冷えるわけで、それらが合体すると強い生理痛を引き起こすのである。

この気滞血瘀による生理痛に対しては香附子、枳殻、陳皮、烏薬で気滞を解消し鎮痛作用がある延胡索、木香、烏薬と瘀血を取る桃仁、牡丹皮、紅花を含んだ漢方処方を選用します。
痛みが和らぎ鎮痛薬が不要になった、体が温かくなったと喜んでいただきます。
この処方は血流を良く改善しますので下肢静脈瘤や冷え性、不妊症にも効果を発揮します。更に自律神経、内分泌を整えますので更年期障害、生理不順にも使います。

最新のコラム一覧

びわこ漢方サークル(漢方勉強会) 講師:中川義雄

平成4年から、医療従事者を対象に、毎月第3土曜日午後に漢方の勉強会を続けています。

今年は「中医学の基礎」を中心に勉強しています。

毎年4月には新しい方も加われておりますし、途中からの参加でも構いません。

お気軽にお問い合わせ下さい。受講料は1回2000円です。

ページ最上部へ

Copyright© 2013 なかがわ漢方堂薬局 All Rights Reserved.